×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医学用語辞典 内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】

>>内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】辞典トップ    >>運営者情報

当サイトは、内科【ホルモン・代謝・免疫異常】の病名、症状などを原因・症状・治療に分けて解説しております。 ホルモン・代謝・免疫異常に関する情報をお探しの方は、当サイトを是非ご活用ください。

ホルモン・代謝・免疫異常 カテゴリ一覧

ホルモン・代謝・免疫異常 病気・症状一覧

副甲状腺機能亢進症

副甲状腺機能亢進症は、副甲状腺ホルモンの過剰分泌で、血中カルシウムの濃度が高くなるものである。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺機能が低下し、甲状腺ホルモン不足の状態が起きるものである

バセドウ病

バセドウ病は、甲状腺ホルモン分泌が過剰となる甲状腺機能亢進症のひとつで、自己免疫によって起こる。

副腎皮質機能低下症

副腎皮質機能低下症は、抗炎症、免疫抑制作用、血糖上昇作用等を持つ、副腎皮質から分泌されるコルチゾールの分泌が低下するものである。

副腎クリーゼ

副腎クリーゼ(急性副腎皮質機能不全)は、副腎皮質ホルモンの生成、分泌が異常になるものである。

副腎性器症候群

副腎性器症候群は、副腎皮質ホルモン、アンドロゲンの分泌が増加し、性器の発達に障害が起こるものである。

アルドステロン症

アルドステロン症は、副腎皮質ホルモンのひとつのアルドステロンが過剰分泌するものである。アルデステロンは、ナトリウム、カリウムの量を調整するものである。

クッシング症候群

クッシング症候群は、副腎皮質ホルモン、コルチゾールが慢性的に過剰になるものである。

アジソン病

アジソン病は、副腎皮質が破壊されて、副腎皮質ホルモンの生成分泌が行われなくなるものである。

食物アレルギー

食物アレルギーは、消化吸収された食物が抗原となって、抗体ができ、過剰な反応が起きるものである。

食物アレルギーの食事療法

食物アレルギーの食事療法では、何がアレルゲンとなるかの見極めが大切である。

薬物アレルギー

薬物アレルギーは、薬剤がアレルゲン(抗原)となって、アレルギー反応を起こすものである。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックは、薬物が体内に入ったときに、激しいショック状態となって、血液の循環不全を起こすものである。

下垂体機能低下症

下垂体機能低下症は、脳の下垂体から分泌されるホルモンの分泌が異常に低下するものである。

成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症は、下垂体分泌の成長ホルモンが分泌低下となって起きるものである。

糖原病

糖原病は、酵素の異常で、グリコーゲン(糖原)がブドウ糖に変成せずに、身体に過剰に蓄積されるものである。

ヘモクロマトーシス

ヘモクロマトーシスは、小腸の鉄吸収が過剰になり、臓器に溜まって機能障害を起こすものである。

ポルフィリン症

ポルフィリン症は、ヘモグロビンを構成する生体色素のポルフィリンが異常に増加するものである。

免責事項

当サイト掲載情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。 ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

【PR】 レーシックFXクレジットカード 審査翻訳クレジットカード ランキングキャッシング消費者金融クレジットカード

Copyright(c)2007 医学用語辞典〜内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】辞典〜 All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる