×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医学用語辞典 内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】

>>内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】辞典トップ    >>運営者情報

食物アレルギー・薬物アレルギー

食物アレルギー

食物アレルギーは、消化吸収された食物が抗原となって、抗体ができ、過剰な反応が起きるものである。

原因
Cause
主な抗原となるものは、牛乳、卵、マヨネーズ等の乳製品、そば、大豆等である。他に、きゅうり、りんご、トマトや、サバ、タケノコ等、サリチル酸塩、ヒスタミンを含む食物も抗原となる。
症状
Symptoms
胃痛・吐き気・嘔吐・発熱・じんましん・かゆみ・頭痛・めまい・アナフィラキーショック
治療
Treatment
抗原となる食物を食べない。抗アレルギー剤、胃腸薬、抗ヒスタミン剤、抗コリン剤等を対症療法で使う。重症には副腎皮質ステロイド剤を使う。

ページのトップへ ▲

食物アレルギーの食事療法

食物アレルギーの食事療法では、何がアレルゲンとなるかの見極めが大切である。

食事のポイント

●加工食品は食べない
加工食品には、アレルゲンとなる卵、牛乳が含まれる場合がある。
●アレルゲンが何かを見極める
アレルゲンは、卵、牛乳、魚介類に多い。アレルゲンを含む乳製品を食べない等の徹底が必要である。
●加熱したものを食べる
生や古くなったものは、アレルギー反応を引き起こしやすい。

ページのトップへ ▲

薬物アレルギー

薬物アレルギーは、薬剤がアレルゲン(抗原)となって、アレルギー反応を起こすものである。

原因
Cause
解熱・鎮痛剤、かぜ薬、胃腸薬、抗生物質、抗菌剤、ワクチン等、多くの薬剤が原因となる。
症状
Symptoms
発疹、かゆみ・発熱・関節痛・神経障害・嘔吐・ぜんそく・アナフィラキシーショック
治療
Treatment
原因となる薬剤使用を止める。改善されない場合は、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤等を使う。アナフィラキシーショックの場合、生命の危険があるので、応急措置を要する。

ページのトップへ ▲

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックは、薬物が体内に入ったときに、激しいショック状態となって、血液の循環不全を起こすものである。

原因
Cause
薬物等に対して、通常と異なる抗体ができることで起こる。抗原となるのは、抗生物質や昆虫毒、異種血清、非ステロイド系消炎鎮痛薬等である。
症状
Symptoms
血圧低下・顔面蒼白・冷や汗・嘔吐・じんましん・下痢・呼吸困難
重症になると、数時間で死亡することもある。
治療
Treatment
緊急の治療を要する。普段の予防も必要である。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典〜内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】辞典〜 All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる