×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

医学用語辞典 内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】

>>内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】辞典トップ    >>運営者情報

下垂体系のホルモン異常と代謝異常

下垂体機能低下症

下垂体機能低下症は、脳の下垂体から分泌されるホルモンの分泌が異常に低下するものである。

原因
Cause
下垂体から分泌される、副腎皮質刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、成長ホルモン、プロラクチン等の分泌が極端に低下することで起こる。
症状
Symptoms
性腺刺激ホルモン…ひげが伸びない、インポテンツ、無月経・低血糖・低ナトリウム血症・急性副腎不全
治療
Treatment
不足ホルモンを補給する。

ページのトップへ ▲

成長ホルモン分泌不全性低身長症

成長ホルモン分泌不全性低身長症は、下垂体分泌の成長ホルモンが分泌低下となって起きるものである。

原因
Cause
下垂体腺腫、視床下部腫瘍等が原因となる続発性のものと、原因不明の特発性がある。原因不明が多い。
症状
Symptoms
身長が極端に伸びが悪い。その他の機能は正常である。
治療
Treatment
遺伝子工学によるヒトの成長ホルモン注射をする。

ページのトップへ ▲

糖原病

糖原病は、酵素の異常で、グリコーゲン(糖原)がブドウ糖に変成せずに、身体に過剰に蓄積されるものである。

原因
Cause
ブドウ糖をグリコーゲンに変える酵素の、先天的な欠損や機能不全が原因で起こる。とくに肝臓の酵素欠損が多い。骨格筋や肝臓を中心に、全身にわたり、グリコーゲンが過剰蓄積する。
症状
Symptoms
肝臓酵素の欠損……腹部膨張、けいれん
骨格筋酵素の欠損…運動筋の脱力、痛み
全身性のもの………筋力低下、筋萎縮
治療
Treatment
鎮痛剤で痛みを抑制する。決定的な治療法は確立していない。

ページのトップへ ▲

ヘモクロマトーシス

ヘモクロマトーシスは、小腸の鉄吸収が過剰になり、臓器に溜まって機能障害を起こすものである。

原因
Cause
貧血、肝疾患、大量飲酒、輸血等が原因となる続発性と、原因が不明の特発性のものがある。
症状
Symptoms
皮膚の色素沈着・糖尿病・肝硬変・心不全・不整脈
治療
Treatment
原因疾患の治療をする。血液の抜き取りをして、鉄代謝異常を治療する。

ページのトップへ ▲

ポルフィリン症

ポルフィリン症は、ヘモグロビンを構成する生体色素のポルフィリンが異常に増加するものである。

原因
Cause
ポルフィリンが異常に増加して、尿として大量排泄されたり、体内に蓄積されて起こる。
症状
Symptoms
日焼けしやすくなる・水泡・じんましん・便秘・吐き気・不眠
治療
Treatment
血を抜き取るのが有効である。

ページのトップへ ▲

Copyright(c)2007 医学用語辞典〜内科用語【ホルモン・代謝・免疫異常】辞典〜 All Rights Reserved.
[閉じる]
ようこそ!医学用語辞典へ!!
当サイトが厳選した健康関連情報を無料でお届けします。ご希望の方は以下のフォームにメールアドレスをご入力下さい。
【購読無料】
食材の栄養講座〜知って少しだけ健康に〜
メールアドレス
(無料)
メッセージを閉じる